支部長挨拶

泉州支部会員の皆様、平素は支部事業にご理解、ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。
さて、早いもので支部長を拝命してから2期4年が過ぎようとしています。残念ながら今年度は新型コロナウィルスの影響により思うような会務運営ができませんでした。
まずは「泉州支部総会」を会場で出来ず、書面開催となったことは非常につらい判断でした。初めての経験でいろいろなことを決めていく必要があり、各副支部長は相当しんどかったと思います。正副役員会議や支部役員会議も会場に集まることが難しく、「ZOOM」会議を利用したりしましたが、やはり会議場に集まったほうが意思疎通が容易であるものと思いました。
現在、大阪では「第4波」といわれる感染者が急増しているなかではありますが、今年の総会は「波切ホール」で開催する予定となっています。コロナ禍のため、来賓の招待自粛、懇親会は行いませんが、久しぶりに皆様に会えることを楽しみにしております。
話はかわりますが、「調査士報告方式」という完全オンライン申請が利用されはじめて感じたことは、紙の書類が減ったことです。今までは申請書の控えを一部作っておりましたが、「調査士報告方式」では添付書類としてPDFファイルなどとしてシステムに一緒に保存されるため紙に打ち出すことがなくなり、紙の書類が少なくなりました。すごく便利でいいシステムであると思いました。その甲斐あってのことか、オンライン申請利用率が上がり、総会の場での、オンライン申請に多大な貢献をした会員に対する「法務局長表彰」は当初の目的を達したため、本年度をもって終了することになりました。
皆様のご協力のおかげです。ありがとうございました。
来年度もコロナ禍の影響は続きますが、早くワクチンが行き届き、その結果ウィルスが終息することを願っています。そして普通に事業ができ、会議ができ、親睦を深める場を持つことができるようになりたいものです。
最後に2期4年の間、皆様には大変お世話になりました。
来年度は新支部長のもと、新しい体制になります。本年同様、新執行部を宜しくお願いいたします。